福岡 博多 博多駅 中洲 天神 ED薬 バイアグラ シアリス レビトラ ジェネリック ザガーロ サノレックス プラセンタなどを最速 最安値で院内処方するクリニック

R.O.S.E治療 – 究極の発毛治療

AGA治療10年の実績ある当院が選んだ最適解

頭皮環境再建治療

R.O.S.EとはReconstruction Of Scalp Environment(頭髪環境再建)の略で、当院では青い薔薇の花言葉「夢かなう」にあやかってローズ治療と命名している。

AGA治療の歴史は意外と古く、30年前に薄毛治療薬ロゲイン(ミノキシジル製剤の商品名)が登場することで世界的に「薄毛は加齢に伴う皮膚疾患である」という考え方が一般化した。

国内では1999年にミノキシジル製剤であるリアップが発売され、それを追うように2005年に内服処方薬のプロペシア、2015年に新たな内服処方薬ザガーロが登場した。

ここで、言葉のトリックによる誤解を防ぐために発毛と育毛、増毛の違いを明確にしておこう。
発毛とは髪の毛が生えてくる現象を指し、育毛とはヘアケアする行為を指し、増毛とは髪が太くなる、または一つの毛穴から複数の髪が生えることで髪が増えたように感じる視覚的作用を指す。

AGA治療とは発毛をターゲットにした医療行為である。

現在、発毛を明言できるのはリアップ、プロペシア、ザガーロのみ

国内正規の発毛薬 MSD社のプロペシア 国内正規の発毛薬 GSK社のザガーロ

また、AGA治療には投薬以外にも、植毛手術という外科治療も選択肢にある。
黎明期は人工毛を頭皮に打ち込む手術が主流であったが、現在では自毛植毛が主流となり、定着率もかなり向上している。

当院は内科医療機関を標榜しているので、創業期から10年以上プロペシアの院内処方を行い、フロジン液との併用プログラムによって多くの患者さんを治療してきたが、通院を中断されてしまう患者さんも少なからずおられる。

納得のいく増毛効果を得て中断されたのなら良いのだが、メーカーの追跡調査では実感を得る前に諦めてしまったという理由が多いとのこと。

通院不要の利便性が逆に仇となってしまうのだ。

また、安さに目を奪われて海外ジェネリックを謳う粗悪な製品を掴まされてしまったり、逆にキャッチセールスなどでマッサージやシャンプー、育毛剤に数百万単位の大金をつぎ込んでしまって諦めたという方も非常に多いと聞き及んでいる。

ローズ治療という新しい選択肢

そこでAGA治療の最適解として当院はローズ治療を導入する。
先にお伝えしておくが、この治療は国内未承認薬を使用している。

国内未承認薬と言っても、
30年以上の実績があるミノキシジル
20年以上の実績があるフィナステリド
国内承認とは違う配合で再構築した医療用医薬品を用いた治療となるので不安はない。

創業以来10年以上、頑なに国内未承認薬ジェネリックに対して否定的な姿勢を貫いてきた当院が、あえてローズ治療の導入に踏み切った理由は至極単純で
「医学的根拠に基づく明確な効果がある」からに他ならない。

またローズ治療はプロペシアやザガーロの院内処方とは違い、外用薬と内服薬の投薬に加えて定期通院が必須となる。

最初の2ヶ月間は週一の通院
次の4ヶ月間は2週に一回
半年後以降は4週に一回の通院で
経過観察グロースファクター(成長因子)補給点滴、正看護師によるストレッチ指導を受診していただく。

治療開始から一年後の検診で患者さん自身が十分な発毛を得られたと感じられれば治療終了となり、さらなる発毛を希望される場合は最長で3年間の受診が可能となっている。

従来のAGA治療は薄毛を気にしている間はずっと続けねばならない。 言い換えれば一生をかけて継続する治療ということになる。
対してローズ治療は最短1年、最長でも3年というゴールのある治療になる。
これも当院がローズ治療の導入に踏み切った大きな理由の一つだ。

現存するAGA治療の問題点

インターネットで検索すると実に様々なクリニックがAGA治療薬を取り扱い、星の数ほどのヘアケア商品(シャプーや育毛剤、マッサージ器具など)があり、芸能人かと見まごうような美人が勤めるヘアケアサロンも多数存在する。

発毛治療の最大の弱点は遅効性

プロペシアもザガーロもリアップも投薬を開始してから実感するまでに平均して半年ほどかかってしまう。
一日一錠を飲み続けるだけとは言え、実感するまでの数ヶ月は非常に孤独な戦いとなり、実感を前に挫折してしまう気持ちは分からなくもない。

明確な効果が約束されているAGA治療よりもヘアケア関連ビジネスのほうが盛況している理由はここにある。

医学的根拠のないヘアケア商品が次から次へと発売され続け、売れ続けている最大の理由はお手軽さと使用した際の爽快感を実感と錯覚してしまうからに他ならない。

 

また、デート商法まがいで有名なヘアケアサロンの被害が後を絶たないのは温かい声援応援される喜び、共に立ち向かってくれているという仲間意識戦友感だと言われている。

ターゲットは全身

従来のAGA治療に欠けていたもの。
それは疾患としてのAGAが加齢症状の一環にも関わらず、頭皮と内分泌のみをターゲットとしており、全身のアンチエイジングを疎かにしている点である。

例えば、最高級の肥料を混ぜた畑に品種改良が加えられた最良の種を撒き、十分な日光とミネラルたっぷりの水を与えても、排気ガスが24時間立ち込める工業地帯という環境だったら、育つものも育たないのと同じと言ったら分かりやすいだろうか?

畑にあたる頭皮や種にあたる毛母細胞、日光やミネラルにあたるホルモンバランスだけではなく、それらを取り巻く環境の改善を同時に行うことで発毛を加速度的に促していくという考えがローズ治療の根幹となる。

 

そこでローズ治療では経過観察GF(グロースファクター)細胞分裂を活性化する医療用成分の点滴によって全身のアンチエイジングを後押しし、正看護師によるストレッチ指導によって頭皮につながる血流や筋肉の状態を改善することが可能となっている。

これはAGAだけではなく、同じく血行やホルモンバランスと因果関係のあるEDや、病院ダイエット、体調に合わせた目的別の注射・点滴などといった生活改善医療の専門医療機関として10年以上の実績ある当院にしか成し得ない治療であると自負している。

当院の看護師は全員が外来実務経験5年以上正看護師
患者さんをサポートするエキスパートである。

コミット保険

そして発毛実績99%という実績に基づいた自信ある治療法なので、安心して治療に挑めるよう医療では異例とも言えるコミット保険®を導入している。

コミット保険®には2つの種類があり、4ヶ月目の経過観察で発毛が確認できなかった場合にはそれ以後の治療費を全額返金
または以後、発毛が確認できるまでの治療費免除のいずれかを患者さんご自身に選んでいただく。

もちろんコミット保険加入は任意なので最初の半年間の治療には保険を掛け、以後の治療には掛けないという選択も患者さん自身で選んでいただける。

ローズ治療の費用一覧

治療名 用量 用法 通院処置 治療費
(税込)
ローズ治療6ヶ月コース 外用薬6本
内服薬6瓶
外用薬
朝・晩 洗髪後に
適量塗布
経過観察、
GF補給点滴、
ストレッチ指導を
2ヶ月間=毎週
続く4ヶ月=隔週
以降=4週に一回
 150,000円
ローズ治療6ヶ月コース
コミット保険付き
165,000円
ローズ治療1年コース
外用薬12本
内服薬12瓶
300,000円
ローズ治療1年コース
コミット保険付き
内服薬
朝食時に
1日1カプセル
330,000円
ローズ治療1ヶ月コース
継続患者さん専用
外用薬1本
内服薬1瓶
30,000円
ローズ治療3ヶ月コース
継続患者さん専用
外用薬3本
内服薬3瓶
82,500円
在庫: あり 商品ID: 福岡 博多 博多駅 博多駅前 中洲 天神 発毛実績99% 評価: 99/100

予約不要 TEL 092-283-8383 12:00-23:00

PAGETOP