福岡 博多 博多駅 中洲 天神 ED薬 バイアグラ シアリス レビトラ ジェネリック ザガーロ サノレックス プラセンタなどを最速 最安値で院内処方するクリニック

プラセンタ注射

福岡市博多区中洲天神でプラセンタ注射なら厚生会クリニック福岡

  
注射点滴は15時-20時
日曜は院内処方のみ
   
予約不要※2
最速の院内処置
  
初診・再診料
お得な回数権も用意
  
痛みの不安も最小限
実務経験5年以上の正看護師

ラセンタ注射について

ヒトプラセンタは60年以上前から現在まで一般医療では肝臓病や更年期障害の治療薬として利用されている

ヒトプラセンタとはヒトの胎盤由来の成分を指し、厚生クリニック福岡博多では健康な日本人妊婦から採取された胎盤抽出エキスのみを取り扱っている

ヒトの胎盤とは胎児を母体内で成長させるための臓器で、いわば人間の原料といえる
ヒトは胎盤を用いて母体内で0.14mmの受精卵から、わずか280日で3,000倍以上の身長45cmまで急成長する
この人体の設計図の働きを欠損した肝細胞の復元細胞ダメージの修復に、成長因子の働きをホルモンバランスの正常化アンチエイジング(抗老化)などで医療に活用されているのである

胎盤には豊富なビタミンやミネラルなどを含有しているため、ヒト以外の胎盤(多くの場合、ウマやブタ、ウシ、ヒツジ)にもある程度の健康促進効果はあると想像されるが、人体の設計図人間の成長因子を持つのはヒトプラセンタのみであり、正確なプラセンタ効果はヒトプラセンタ以外には望めない
もっとも経口摂取では胃酸によって分解されてしまうので注射や点滴以外では無意味といえる

ヒトプラセンタの使用制限や副作用、相互作用などの詳細はこちら

プラセンタ注射の同意書

クリックでPDFファイルが展開 プリントアウトはA4用紙

なお、当院でプラセンタ注射を受診する際には同意書への署名が必須となっている

一時、メディアによって誤解を持たれているラセンタ

日本赤十字社は病理学的に未知のウイルスや細菌を完全に排除することは困難であるという社内指針を挙げ、献血対象者からヒトプラセンタ接種者ならびに全ての生物製剤使用者を除外した

ことさらにプラセンタばかりが論れる傾向にあるが、過去70年間でヒトプラセンタによる細菌やウイルスの感染は確認されていない

なお、「未知のウイルスや細菌」とは、現代の化学、医学で発見できないからこそ未知であり、それを言い始めてしまえば全てがそれに当たる事象なのだが、ことさらにヒトプラセンタのみをスケープゴート ( 見せしめ )にするのは不当であり、表現の撤回を求めている

日本人妊婦から採取された純国産の医療用効能土ヒトプラセンタ抽出エキス

日本人妊婦から採取された純国産の医療用効能土ヒトプラセンタ抽出エキス

ラセンタ注射の費用一覧

※過去に静脈注射で内出血が5cm四方以上出たという方は事前にお知らいただきたい

スマートフォンで費用一覧の右側が欠けてしまう場合は横向きにしてご覧のこと

治療薬 投薬法 用量 診療費
(初診/再診)
治療費 単価
(1アンプル)
プラセンタ注射 筋肉注射 プラセンタ筋肉注射4ml
プラセンタ注射2アンプル
無料 2,000円 1,000円
プラセンタ筋肉注射6mlプラセンタ注射3アンプル 2,850円 950円
筋肉注射回数権 4ml×5回
(有効期限3ヵ月)
9,500円 950円
4ml×10回
(有効期限6ヵ月)
18,000円 900円
6ml×5回
(有効期限3ヵ月)
13,500円 900円
6ml×10回
(6ヵ月)
25,500円 850円
静脈注射 プラセンタ静脈注射6mlプラセンタ注射3アンプル 3,300円 1,100円
プラセンタ静脈注射10mlプラセンタ注射5アンプル 5,000円 1,000円
静脈注射回数権 6ml×5回
(有効期限3ヵ月)
15,750円 1,050円
6ml×10回
(有効期限6ヵ月)
30,000円 1,000円
10ml×5回
(有効期限3ヵ月)
23,750円 950円
10ml×10回
(有効期限6ヵ月)
45,000円 900円

※上記費用に消費税が加算される

プラセンタ注射を福岡市博多区中洲でお考えなら、開院10年、総来院数10万人の安心と実績がある厚生クリニック福岡博多に相談

在庫: あり 商品ID: 福岡 博多 博多駅 天神 中洲 プラセンタ注射 評価 99/100

 


予約不要 TEL 092-283-8383 12:00-23:00

PAGETOP